本人の物忘れが進みつつある状態でも、契約はできますか?

症状にもよりますが、ご本人が誰に財産管理を託し、誰に財産を承継させるかなど、理解ができていることが重要です。全く理解できていない状態であると判断能力がない状況にあると推察されるため信託契約をすることは難しいと言わざるを得ません。
無料相談で詳しくお話を伺いますので、まずはお気軽にご相談ください。

家族信託コンサルビジネス構築講座

プレセミナー案内

生前対策・家族信託コミュニティー~LFT~

LFT案内

最近の記事

  1. 生命保険
  2. 借地権

サービス一覧

各種セミナー