【2022年】親族後見は8割認められる?2021年成年後見統計データからみる最新の成年後見利用状況

裁判判断基準

2022年3月に、最高裁判所事務総局家庭局から令和3年1月から12月までの1年間における,全国の家庭裁判所の成年後見関係事件(後見開始,保佐開始,補助開始及び任意後見監督人選任事件)の概況として統計データが公表されました。また、2021年3月29日の厚生労働省の専門家会議でも最新の成年後見利用状況や取り組みが報告されています。

2019年3月18日最高裁から後見人には「身近な親族を選任することが望ましい」との考え方を示したというニュースが報道されたこともあり、親族後見人の運用状況に変化があったのかという点について、相続や生前対策にかかわる専門家は知っておきたい情報です。

今回の記事のポイントは下記のとおりです。

  • 成年後見関係事件(後見開始、保佐開始、補助開始及び任意後見監督人選任事件)の申立件数は合計で39,809件(前年は37,235件)であり、対前年比約6.9%の増加となっている。
  • 成年後見等の申し立ての原因と動機は認知症で預貯金の解約がトップ
  • 専門家の後見人等への就任割合が全体の約8割と高いが、そもそも親族後見希望者は全体の約23.9%しかいない
  • データから逆算すると、親族後見人の認容率は約8割。高い割合で親族後見が認められている。
  • 親族後見のうち、後見監督等選任率は約15.0%、成年後見制度支援信託・預貯金の利用率は約37.3%。残り約4割超は親族での単独後見が認められている可能性がある

今回の記事では、成年後見事件の統計データの概況からみる現在の成年後見運用と親族後見人の選任状況についてお伝えします。

2019年3月18日付け最高裁の親族後見への方針変更の内容

最高裁見直し

司法書士や弁護士が成年後見人として多く就任している実情の運用の見直しのため、2019年3月18日の厚生労働省の第2回成年後見制度利用促進専門家会議にて、最高裁判所が下記の考えを明らかにしました。

最高裁と専門職団体との間で共有した後見人等の選任の基本的な考え方
◯本人の利益保護の観点からは,後見人となるにふさわしい親族等の身近な支援者がいる場合は,これらの身近な支援者を後見人に選任することが望ましい
◯中核機関による後見人支援機能が不十分な場合は,専門職後見監督人による親族等後見人の支援を検討
◯後見人選任後も,後見人の選任形態等を定期的に見直し,状況の変化に応じて柔軟に後見人の交代・追加選任等を行う
(厚生労働省第2回成年後見制度利用促進専門家会議「資料3適切な後見人の選任のための検討状況等について」から引用)

そして、この見解を2019年1月に各家庭裁判所に通知し、各家庭裁判所では、中央での議論の状況等を踏まえ,自治体や各地の専門職団体等とも意見交換の上,検討を進めていくという形で、今に至っています。

【令和3年1月~12月】家庭裁判所の成年後見制度運用状況

では、現状の成年後見制度の運用状況はどうなっているのか、最新の令和3(2021)年1月~12月の成年後見事件の概況及び2021年3月29日に開催された第7回成年後見制度利用促進専門家会議の配布資料から見ていきます。

1.成年後見関係事件の申立件数の推移

成年後見制度の利用件数は増加傾向にありますが、令和3(2021)年では39,809件と申立件数は対前年比約6.9%の増加となっています。保佐、補助の申立て前年に比べると増加しており、成年後見での一律運用から保佐、補助利用へと運用状況も変化が生じています。

○ 成年後見関係事件(後見開始、保佐開始、補助開始及び任意後見監督人選任事件)の申立件数は合計で39,809件(前年は37,235件)であり、対前年比約6.9%の増加となっている。
○ 後見開始の審判の申立件数は28,052件(前年は26,367件)であり、対前年比約6.4%の増加となっている。
○ 保佐開始の審判の申立件数は8,178件(前年は7,530件)であり、対前年比約8.6%の増加となっている。
○ 補助開始の審判の申立件数は2,795件(前年は2,600件)であり、対前年比約7.5%の増加となっている。
(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)


(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

2.成年後見制度全体の利用者数

成年後見制度全体の利用者数は令和2年(2020年)12月末時点で232,287人、令和3年(2021年)12月松時点でも239,933人と増加傾向にあるものの、その利用者数は推計される認知症高齢者や知的障碍者、精神障碍者に比べると少ない状況です。

成年後見利用者数
第7回 成年後見制度利用促進専門家会議 成年後見制度利用促進に関する現状(概要)より引用)

(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

3.申し立ての原因と動機は認知症で預貯金の解約がトップ

成年後見申し立ての原因ときっかけは、認知症・金融機関での預貯金の解約がトップの状況です。

○ 開始原因としては、認知症が最も多く全体の約63.7%を占め、次いで 知的障害が約9.6%、統合失調症が約9.1%の順となっている。

○主な申立ての動機としては,預貯金等の管理・解約が最も多く,次いで,身上保護となっている。


(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

このような認知症による口座凍結の問題から、2019年2月18日に全国銀行協会が発表した代理権がない親族との取引指や任意代理取引の考え方が発表されたという経緯があります。

この発表では、認知症に伴う口座凍結の対応としての基本は、成年後見制度の利用、もしくは、任意代理人制度の活用などを述べており、例外的なケースとして代理権がない親族からの取引行為に応じる方法を紹介しています。しかしながら、原則は後見制度の利用としているため、今後もこの認知症による預金凍結の問題については、成年後見制度での主要な原因、動機になりそうです。

全国銀行協会の考え方については、別の記事で詳しく解説していますので、こちらを確認してみてください。

高齢者の預貯金払戻しルールが変わる!?相続専門家が知っておきたい全国銀行協会の金融取引の考え方とは?

4. 専門職が成年後見人等になるケースは全体の約8割を占める

親族以外の専門家等が成年後見人等に選任されたものは,全体の約80.2%を占めており(前年約80.3%),専門家が親族が成年後見人等に選任されたケースより上回るという状態は平成24年(2012年)から続いています。

○ 成年後見人等(成年後見人、保佐人及び補助人)と本人との関係をみると、配偶者、親、子、兄弟姉妹及びその他親族が成年後見人等に選任されたものが 全体の約19.8%(前年は約19.7%)となっている。
○ 親族以外が成年後見人等に選任されたものは、全体の約80.2%(前年は約80.3%)であり、親族が成年後見人等に選任されたものを上回っている。
○ 成年後見人等と本人との関係別件数とその内訳の概略は次のとおりである。
     関係別件数(合計) 39,571件(前年36,771件)
     親      族   7,852件(前年 7,243件
     親  族  以  外  31,719件(前年29,528件)


(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

5.市区町村長申し立てが前年より約4.1%増加している

成年後見の申立人の数字ですが、親族ではない市区町村長申し立て数が前年より約4.1%増加しています。後見等申立の全体の割合でいうと、約23.3%を占めており、申立人が最も多く、次に多いのが本人であるという状況です。つまり、本人の身の回りを見ている親族ではなく第三者である市区町村長が申し立てが増えていること、そして、後見人として第三者後見人が増えている状況から、財産管理を任せる親族がいない、申立てに協力する親族がいない方の利用が増えていることが読み取れます。

○ 申立人については、市区町村長が最も多く全体の約23.3%を占め、次いで本人の子(約20.9%)、本人(約20.8%)の順となっている。
○ 市区町村長が申し立てたものは9,185件で、前年の8,823件 (前年全体の約23.9%)に比べ、対前年比約4.1%の増加となっている。
(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

本人と申立人の関係推移
第7回 成年後見制度利用促進専門家会議 中間検証報告書を踏まえた取組の進捗状況について(最高裁判所)より引用)

つまり、専門家が関与している割合、件数が増えているのは、財産管理を親族に任せないという家庭裁判所の運用というよりも、むしろ親族が関与しない本人申立てや市区町村長申し立てが増えているといったことが背景にありそうです。その結果、親族が成年後見人候補者となる案件は今後更に減少していく可能性が高く、親族以外の第三者後見人が占める割合が更に増加していく可能性が高いことが予想されます。

6.成年後見人等による不正案件の状況

成年後見制度がスタートした当初は、本人に近い親族が後見人になるケースが多くを占めていました。
本人のことを理解している身近な親族が後見人となることで身上監護をスムーズにできるというメリットの反面、問題となったのが、後見人による本人の財産の使い込みです。マスコミ報道では専門職の不祥事が取り上げられますが、下記表のとおり親族後見による不正案件が多くを占めています。

この問題を解決するために平成24年(2012年)から後見制度支援信託という制度が開始されました。また、専門職など第三者後見人の選任割合が親族後見人の選任割合を上回ったのも親族後見による不正案件が増え始めたのも平成24年(2012年)からです。

不正事件推移

第三者後見割合推移
第7回 成年後見制度利用促進専門家会議 中間検証報告書を踏まえた取組の進捗状況について(最高裁判所)より引用)

この結果、第三者後見人の選任割合増加と成年後見制度支援信託・預貯金の活用など不正防止に向けた裁判所の取り組みの結果、平成26年をピークに不正の件数が減少を続けています。

令和3年(2021年)の成年後見概況から推察する親族後見人の運用状況

2019年に最高裁から後見人には「身近な親族を選任することが望ましい」との考え方を示したことから親族後見人についてどのような変化があったのでしょうか?2021年の成年後見事件の利用概況から親族後見人の選任状況を検証してみます。

1.親族後見希望者は、全体の約23.9%しかいない

令和2年2月から初めて、成年後見申し立て時に親族を成年後見候補者として申立書に記載されている事件数の割合を公表しています。このデータは親族後見人を家庭裁判所がどの程度の割合で認めたのか推察するにあたって活用できるデータです。

令和3年(2021年)後見開始,保佐開始及び補助開始の認容で終局した各審判事件のうち,親族が成年後見人等の候補者として各開始申立書に記載されている事件は,終局事件全体の約23.9%となっており、令和2年(2020年)については、約23.6%という状況です。

令和2年2月から初めて、成年後見申し立て時に親族を成年後見候補者として申立書に記載されている事件数の割合を公表しています。このデータは親族後見人を家庭裁判所がどの程度の割合で認めたのか推察するにあたって活用できるデータです。

(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

令和3年における認容で終局した後見開始、保佐開始及び補助開始事件(36,904件)のうち、約23.9%(前年は約23.6%)が申立書に親族の候補者が記載されています。つまり、申立書に成年後見人等候補者が記載されているもの、申立人が親族後見人を希望する案件は全体のわずか約23.9%に過ぎないということがわかります。

親族後見推移
第7回 成年後見制度利用促進専門家会議 中間検証報告書を踏まえた取組の進捗状況について(最高裁判所)より引用)

後見申立等の申立類型として本人及び市区町村長申し立てが増えている背景もあるのですが、そもそも親族を後見人候補者として申し立てている事案が少ないのが現状です。このことも、専門家が後見人として約8割選任されていることと関係がありそうです。

2.親族後見人候補者の認容率は約8割?

次に、親族後見人を候補者として記載した場合における、親族後見人が認められた割合を検討していきます。
ケースによっては、当初申立書に親族後見人候補者の記載がなく、家庭裁判所における選任の過程で親族後見人が選任された例外的な事例もあるかもしれませんが、一般的には親族後見人候補者がある場合に親族後見人が選任を検討するという行程がほとんどなので、ここでは計算上親族後見人候補者記載が全てあるとの前提で検証します。データから逆算して概算計算すると、2021年においては約9,457件が親族後見人を候補者として申し立てをした事件数に近いと考えられます。

39,571(令和3年の総数)×約23.9%(令和3年:親族の候補者あり)≒約9,457

成年後見人等と本人との関係別件数とその内訳の概略は次のとおりである。
 関係別件数(合計) 39,571件(前年36,771件)
 親      族   7,852件(前年 7,243件
 親  族  以  外  31,719件(前年29,528件)
(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

そのうち、実際に親族が成年後見人として選任された事件数は7,852件です。このことから、親族後見人が認められた割合は約83.0%ということがわかります。かなりの高い割合で親族後見が認められている実情がわかります。

7,852(親族後見人)÷約9,457(親族候補者概算)≒約83.0%(親族後見人認容率)

財産が多岐にわたる、構成が複雑、親族間で対立があるなどの事情など親族後見人を選任すべきでないと認められる事情がない限り、親族後見候補者が概ね後見人に選任されているものと考えられます。

我々専門家の認識について、今までの親族後見人や障碍者の親を成年後見人とする成年後見申し立てをしても親族や親が成年後見人等となれない認識は改めるべきです。家族関係や財産状況が多岐にわたるなどの要素がなければ、希望した候補者が成年後見人等に就任出来る状況ということを認識しておくべきです。

親族後見における後見監督人と後見制度支援信託の利用率

家庭裁判所ごとに運用は異なりますが、家庭裁判所が一般的に親族を後見人として選任するための条件として、下記のものがあります。

・本人の推定相続人から同意があること
・親族後見人候補者の年齢、居住環境、資産状況、経歴などに問題がないこと
・管理する財産が少ない
・管理する財産が多い場合(目安:1000万円~)には、後見制度支援信託又は後見制度支援預貯金を利用する、もしくは成年後見監督人を選任する

ポイントは、①後見人候補者の適性があり親族からも同意を得ていることと、②管理財産が多い場合には、家庭裁判所の指示がなければ引き出すことができない後見制度支援信託又は後見制度支援預貯金を利用するか、成年後見監督人の選任を受けることです。

後見制度支援信託・後見制度支援預貯金と成年後見監督人の選任実績等から、実際の親族後見人の運用状況を推察してみます。

統計

1.親族後見での監督人選任率は約15.0%

認容で終局した後見開始,保佐開始及び補助開始事件のうち,成年後見監督人等が選任されたものは1,174件です。

認容で終局した後見開始、保佐開始及び補助開始事件(36,904件) のうち、成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人及び補助監督人)が選任されたものは1,174件であり、全体の約3.2%(前年は約3.3 %)である。
(成年後見関係事件の概況―令和3年1月~12月―から引用)

財産状況が多岐にわたるなど事案によっては、専門家を成年後見人等に選任した事件についてさらに監督人として専門家を選任するケースもたまにありますが、親族後見での専門家を監督人として選任するものがほとんどのケースです。

ここでは、計算の便宜上、後見監督等≒親族後見として考えて、親族後見に対する後見監督割合を計算してみます。その結果は、成年後見監督人選任率は約15%であり、監督人等が選任される割合は意外と少ないことがわかります。

1,174(後見等監督案件)÷7,852(親族後見人)≒15.0%(監督人選任率)

2.親族後見での成年後見制度支援信託・預貯金の利用率は約37.3%

次に、後見制度支援信託・預貯金の利用状況については2020年の実績ですが、、後見制度支援信託等の利用状況等について-令和2年1月~12月-が公表されています。同データによると、全国の家庭裁判所における後見制度支援信託及び後見制度支援預貯金の利用者数は2,701名となっています。

○ 令和2年1月から12月までの1年間に,後見制度支援信託が新たに利用された(後見人が代理して信託契約を締結した)成年被後見人及び未成年被後見人の数は1,053人,信託財産額は約397億9300万円であり,信託財産額の平均は約3779万円となっている。
○ 令和2年1月から12月までの1年間に,後見制度支援預貯金が新たに利用された(後見人が代理して預貯金契約を締結した)成年被後見人及び未成年被後見人の数は1,648人,預入れ財産額は約503億9100万円であり,預入れ財産額の平均は約3058万円となっている。
(後見制度支援信託等の利用状況等について-令和2年1月~12月-)

後見制度支援信託等は親族後見で活用するケースがほとんどです。ここでは、計算の便宜上、後見制度支援信託等≒親族後見として考えて、親族後見に対する後見制度支援信託等の割合を2020年のデータで計算してみます。その結果は、後見制度支援信託等利用率は約37.3%であり、監督人等が選任される割合よりも多いことがわかります。

2,701(2020年:後見制度支援信託等)÷7,242(2020年:親族後見)≒37.3%

年度は異なるのですが、家庭裁判所の現状の状況として、親族後見における管理財産が多い場合には後見監督等よりも後見制度支援信託等を活用するケースが多いことがわかります。また、残り約4割超の親族後見については、(管理財産額が少ないケースなど)後見監督及び後見制度信託等を利用していないことがわかります。

まとめ

  • 成年後見関係事件(後見開始、保佐開始、補助開始及び任意後見監督人選任事件)の申立件数は合計で39,809件(前年は37,235件)であり、対前年比約6.9%の増加となっている。
  • 成年後見等の申し立ての原因と動機は認知症で預貯金の解約がトップ
  • 専門家の後見人等への就任割合が全体の約8割と高いが、そもそも親族後見希望者は全体の約23.9%しかいない
  • データから逆算すると、親族後見人の認容率は約8割。高い割合で親族後見が認められている。
  • 親族後見のうち、後見監督等選任率は約15.0%、成年後見制度支援信託・預貯金の利用率は約37.3%。残り約4割超は親族での単独後見が認められている可能性がある

最高裁の親族後見の見直しを受けて、2021年の家庭裁判所における運用状況を分析すると、親族後見の認容率が約8割となっていることがわかりました。そして、市区町村長申し立てが増えていること、親族がそもそも後見人となることを希望していないことから、専門家の後見人等への就任割合が約8割と上昇している傾向です。親族間で意見対立がある、財産管理を見守る親族がいないなどの事情により、専門家が後見人等として選任されているケースが多そうです。

このことは、成年後見は使い勝手が悪いと専門家をはじめ、一般の方にも認識が増えてきたことから、財産管理等見守る親族がいない場合の手段として、成年後見の活用する傾向になってきたからかもしれません。

専門家として、また、後見制度で親族が後見人に選任される可能性が高まったことを頭に入れて、財産管理ができる家族がいる場合といない場合とで対策をどのようにとればよいのか改めて対策方法を考えていく必要がありそうです。

【4月13日開催】士業・専門家の不動産コンサルティング業務提案と受注方法とは?

士業・専門家にとって、相続相談において「不動産」に関する提案は欠かせません。特に、売却ありきでなく、顧客の情報をヒアリングして、最適な複数の選択肢をお客様に寄り添ったカタチで提案することができるのが、大きなポイントです。また、不動産の信託や生前対策の提案をしていると、親が施設に入所したり相続が発生した結果、実家が空き家となり、その管理方法について相談を受けることが多くありますよね。この顧客ニーズをいかに取りこぼさず受任できるかは、士業・専門家の腕次第と言わざるを得ません。

しかし、専門知識や最新情報など不動産の事細かな知識まで把握しようと思うと、多くの時間とお金がかかります。ですから、いかに、不動産の専門家につなげればいいのか、そのきっかけ作りのための不動産コンサルティングのポイントを知っておくことが非常に重要なのです。

今回、家族信託や不動産コンサルティングを長年取り組み、5000人以上の悩みを解決に導くプロサーチ株式会社 代表取締役社長 松尾企晴 氏をゲスト講師にお招きして、相続専門家が知っておくべき不動産コンサルティングの方法について解説いただきます。また、松尾氏は家族信託にも積極的に取り組んでおり、自社でどのようにして「生前対策」「家族信託」から不動産コンサルティングへスムーズにつなげているのか、実際の事例を見ながら解説をしていただきます。

【生前対策・家族信託コミュニティー~LFT~2022年4月定例会】
相続専門家がやるべき不動産提案。ゼロから始める不動産コンサル活用術

  • 気になる今後の不動産市況!そして地主や家主がぶつかる壁とは!?
  • 相続専門家が不動産提案をする際に知っておきたい不動産の基礎知識
  • 資産組換、土地有効活用… 実際にあったコンサルティング事例のご紹介
  • 「生前対策」「家族信託」から、不動産コンサルにつなげる方法
  • 相続専門家から顧客の「資産の窓口」になるために私たちがやるべきことは何?

詳細はコチラ


無料メールセミナーはこちららから

無料相談はこちら

関連記事

  1. 【2019年相続法改正】遺留分の金銭債権への取り扱いの変更に伴う税務に…

  2. 配偶者居住権

    士業・専門家が配偶者居住権と家族信託の導入を検討する際の5つのポイント…

  3. 高齢者預金

    高齢者の預貯金払戻しルールが変わる!?相続専門家が知っておきたい全国銀…

  4. 【2024年施行予定】士業・相続専門家が知っておきたい相続登記義務化改…

  5. 戸籍法が変わる!?2024年を目途に!そのときどう対応するか?

  6. 相続法改正!士業・専門家が気をつけるべきポイントとは!?